山編
2011.10.02 秋の北アルプス、上高地・涸沢・奧穂高岳 2日目:涸沢⇔ザイテングラート⇔奧穂高岳山荘⇔奧穂高岳
山編トップ 写真トップ

初日:上高地~涸沢、2日目:涸沢⇔奧穂高岳、3日目:涸沢~屏風のコル~上高地
今回のアクセス・コース ルートマップ  動画 参考図書













朝早くの風景。
この時点では快晴だった

涸沢ヒュッテの展望台から見た穂高の尾根
涸沢ヒュッテで、朝からおでんで暖を取っている人たち













今日登るザイテングラートと穂高の尾根

日の出と共に照らされた穂高の尾根

左に奧穂高岳山頂













野営場のテントたち。奥に照らされた北穂高岳

穂高連峰のガイドイラスト
野営場から見た涸沢ヒュッテのこいのぼり













野営場は、涸沢カールのゴロゴロ岩が指定

「オクホ。」

涸沢ヒュッテからのパノラマコースを行く













奥に涸沢ヒュッテを見る

一方左を向くと涸沢小屋

ゴロゴロした大石の横を登ってゆく













植物と涸沢が混じり合った独特な世界

緑のザイテングラート

涸沢カールは岩や石の集合体だ。
奥は北穂高岳













まだ紅葉には早いと思っていたら、すっかり色づいている植物の葉も多くあった













奧穂高岳から前穂高岳への吊尾根

涸沢カールを縦断。
一気に曇ってきた

涸沢ヒュッテがもうかなり下に見える。
奥には屏風のコルへのパノラマコースのトラバース道も













ザイテングラートに向けて登りながらカールをトラバースする

ザイテングラートの取り付き部分に来た!

ザイテングラートを登り始める。
穂高岳山荘から下りてくる人もいて、行き違いに気を遣う













少し登った所

何でもない岩の登りだが、距離以上に長く感じられる













大きく脆い岩

ザイテングラートの緑
涸沢カール上部。
前穂高岳と北尾根がガスに包まれている













同じような岩場が続く

ザイテングラートから涸沢カール、屏風の頭、表銀座

屏風の頭、耳と表銀座。
左が蝶ヶ岳山頂部













ザイテングラートは浮き岩が多い。
よって滑落に注意

基本的には尾根部だが、一部カールと同じくらいの標高の所も

ガスがかかった涸沢カール上部













岩も取り付き部より大きくなり、進行を妨げる

周りの山はすっかりガスに包まれる

緑はもうなくなった。
右に折れて、穂高岳山荘までもうちょっと













穂高岳山荘の建物が見えた

山荘に到着

穂高岳山荘入口の表札



最初、涸沢岳に登るものと思っていたら、「奧穂高岳登りに行くよ~」。
これは嬉しい。穂高連峰の中心だし、箔も着く。日本百名山の一つで標高も日本で3番目に高い。
時間もかからないし、最初の岩尾根さえクリアすれば後は問題ないはずだ








奧穂高岳方面の岩尾根。
ガスで覆われている

登り始める。
その途端、「天気が悪いからやめとけ~」の小屋の人の声が。
一緒に行った殆どの人は諦めて下山するが、自分は自信があったので、引き返さず登ることに

岩尾根の鎖場や鉄梯子を登った所













岩の隙間に霜が

登る途中ケルンがあった。
西風が強く、長野県側にカールへの崖が何ヶ所かあって落ちないように最新の注意を払いながら進む

そしてたどり着いた奧穂高岳山頂。
穂高神社の祠があった













祠と近くの円盤で記念撮影。
眉毛に霜が付着。サンタクロース状態。

頂上付近の石に石版が














岐阜県側。一歩間違うと谷に真っ逆さま

山頂の道標。
前穂高岳への吊尾根もいいし、ジャンダルム経由の西穂高岳への道もあこがれる














穂高岳山荘に戻る。
基本岩場の稜線のトラバース道。
途中、道に1回迷いかけたり、ハイドレーションシステムの水が凍って魔法瓶のお湯で代用したりがあった

岩尾根の上側に来た。
ここから一気に穂高岳山荘へと降りる

これが鉄階段。
霜が付着













穂高岳山荘に下りてきた。
ガスはすっかり晴れている

岩尾根の鉄階段と鎖場を見る
山荘に描かれていた注意書き













山荘からザイテングラートと涸沢カール

屏風の頭と耳。
また日が照ってきた

山荘の中でへたり込む。
他の人は涸沢岳に向かったが、自分は残り、前夜バーナーで暖めたお湯でカップヌードル。
多少ぬるめだったが、結構温かく、おいしく食べれた















雪に包まれた常念岳

帰りのザイテングラートの下りはヘトヘトになって遅れて下った。
よって満足な写真が撮れてないので、トラバースの部分から














涸沢小屋への道へ。岩場のきつい下り。
ナナカマドが紅葉して綺麗だった














涸沢小屋までもう少し

涸沢小屋の端に出てきた

涸沢小屋の入口。













涸沢小屋から見た涸沢カール

野営場のテント場。
この週は比較的余裕があった

この日は涸沢小屋に。
夕食













朝食。
混雑のため、1つの布団を2人で使用だった











[今回のアクセス・コース]
(前夜涸沢ヒュッテ泊)7:50 涸沢~(パノラマコース経由)~9:19 ザイテングラート取付 9:26~10:48 穂高岳山荘 11:35~12:20 奧穂山頂 12:32~13:13 穂高岳山荘(昼食・休憩。他の人達は涸沢岳ピストン) 14:10~15:40頃 ザイテングラート取付~16:24 涸沢小屋(泊)

[ルートマップ(ヤマレコより)]


[動画]
ザイテングラート  奧穂高岳登頂 

[参考図書]


初日:上高地~涸沢、2日目:涸沢⇔奧穂高岳、3日目:涸沢~屏風のコル~上高地


山編トップ 写真トップ
山編-秋の北アルプス、上高地・涸沢・奧穂高岳 2日目:涸沢⇔ザイテングラート⇔穂高岳山荘⇔奧穂高岳
本サーバ ミラーサーバ


Share
Ads by TOK2