日記


平成16年2月29日(日)薄曇 暖かい 気持ち良い

昨日池袋の古本屋で『人間交差点14/212』上下二巻を購入。全212話のベスト14を単行本2冊にしたらしい。
誰が選んだのかは知らないけど、ベストと言うだけあり良い。とても良い。
読んでる途中に何故か鼻血がでてきた。わからない。何故だろう。なかなか止まらなかった。
読みたい人は連絡下さい。先着で貸します、もしくはあげます。鼻血がついてるページはあるけれど。


平成16年3月25日(木)くもりちょっと雨 ちょっと寒い

昨日バガボンド19巻を購入。50巻くらいまで一気に出してくんないかな。


平成16年5月16日(日)くもりのち雨 生暖かい 気持ち悪い 雨嫌い

12日の水曜、なんとなく買ってしまったCBR900RRが納車される。びっくりするくらい速い。

で休みの昨日、街をぐるぐる走る。何時間かして足立のナップスにホンダシールを買いに行ったら左手がつりそうになった。クラッチなんか無い生活を送っていたつけが出たらしい。そんなに重いクラッチでは無いんだけど。買ったホンダシールをタンクに貼ってひとごこちつき、店を出るとまだ左手がつかれてる。首都高の入り口があったのでのることにする。

安全運転が信条の俺の運転でも周りの車が遅い。ただ普通に運転しているだけでだいたいの車は追い越してしまう。うーん。良い。

900。悪くないですよ。


平成16年6月10日(木) くもり みょーに蒸し暑い でも雨がふんないだけ良い

 昨日6月9日。ふと思い出した。ちょうど二年前のその日に煙草を辞めたんだ。禁煙生活丸二年。語呂が良いから覚えていたけど、この日を忘れるくらいになったら本当に煙草から解放される日が来るんだろうな、と思う。

 まあいいや。で先週の土曜。6/5かな。

 CBR900RRを買って3週間がたとうとしているその日、走り屋としてデビューを果たすことに。
まだ二十代。デビューするのに遅すぎるという年齢でもないだろうと。

 前の週からいつ梅雨入り宣言がでるかという位ぐずついていた天気も、その日はまさに快晴。太陽がキラキラと俺の前途を祝していた。

 目的地は箱根。走り屋仲間2人と環八と246の交差点で待ち合わせる。待ち合わせ時間の朝8時ジャストに到着。誰もいない。246沿いにバイクを止めたから、もしかしたら環八沿いのちょっと行った所で待っているのかと走り屋の一人丸山君に電話する。

 トゥルールールール、トゥルールールール、5コール目くらいに出る。「あ〜〜、もしもし、あ〜」。たった今まで寝ていた人間以外からは出るはずのない声が聞こえてきた。もう一人の走り屋キミ君も20分ほど遅れて到着。まあそんなことは天気の良さとこれから行く箱根の峠への期待を考えれば何の問題も無い。

 なんのかんので10時頃、3人で箱根に到着。

 いよいよ峠に入る。丸山君のZRX1100(最軽量化仕様、シール多め)を先頭に、キミ君のXR250(モタード仕様)、俺のCBR900RRファイヤーブレード(プラモ仕様)と続く。

 驚いた。コーナーを3個曲がる頃には前の2台は見えなくなっていた。なんてこった。いくらプラモ仕様といえどもファイヤーブレード。前を行く2台とはバイクのポテンシャルで劣っているとは思えない。腕の差がここまであるとは。ちょっとショック。

 その後も2時頃まで芦ノ湖スカイライン行ったり、ターンパイク行ったり。コーナー3個で2台とも見えなくなる状況は変わらなかったけど、天気も良いし、すいているし、のんびり走っているぶんには大変気持ちが良い。

 ただ来る前から薄々は解っていたけど一つだけ確信したことが。俺はスピードを求めていない。俺は走り屋に向いていない。

 帰り道、東名を過ぎて首都高を走っていたら、慣れない前傾姿勢で無理が掛かっていた手の感覚がおかしくなってきて、右手がつりそうになる。アクセルもまともに握れないし、ブレーキを掛けるのも困難な状態に。渋谷辺りで一般道に下りてバイクを止めて手をモミながら考えた。

もう三十になるしなー。こんなことやってる場合じゃないよなー。

その日限りで走り屋を引退することに。

※のんびり走っているので見かけてもあおらないでください。


平成18年6月14日 くもり時々雨 蒸し暑い

もう三十一歳…。

続く。




戻る

Ads by TOK2