新二岐

 

夕張鉄道(野幌駅〜夕張本町駅)の「新二岐(しんふたまた)駅」。

1926(大正15)年10月、開業。

1975(昭和50)年4月、廃止。

廃止後は近くにある角田炭鉱の事務所となり、その廃鉱後は知的障害者授産施設

として使われた。

現在は利用されていない模様。

 

大正モダニズムを感じさせる、「新二岐駅」。

 

丸い窓が特徴的。

見方によっては、人の顔に見えるかも。

 

ホーム側。

一部が増築されている。

 

線路跡。

かつては、角田炭鉱専用鉄道の線路が分岐していた。

だから、駅名が「新二岐」と呼ばれていたんだろう。

 

夕張方面。

ただ広がるだけの空き地(駅構内)。

 

2008年4月:訪問

2009年4月12日:作成

 

 

廃線・廃駅のページ

 

秘境のページ

 

拓道館 TOP