茨戸ハワイランド

(現・ゴルフ練習場)

 

札幌市北区と石狩市の境目にあった、茨戸ハワイランド

表記は“茨戸”だが、正しい位置は“旧・石狩町花畔(現:花川東)”あたり。

 

昭和44(1969)年4月、経営母体の茨戸観光が ホテル白鳥閣をはじめ、

温水プール、ボウリング場、パノラマ浴場などを備えたレジャー施設

「茨戸ハワイランド」を 総額6億円を投入して、オープン。

“南の国ハワイがそのまま引越ししてきた”をキャッチフレーズに、

オープン当初は多くの客が詰めかけた。

しかしその後は、客足が伸びず、経営が苦しくなり、わずか数年で廃業。

 

 

 

 

 

当時のパンフレットより

 

 

 

2011年3月:撮影

2011年3月9日:作成

 

消えたモノたちのページ

 

秘境のページ

 

拓道館 TOP