徳川幕府 水稲試験場

 

共和町は、古くから稲作が盛んであり、徳川幕府時代の1857(安政4)年から、

前田幌似と発足常見に 御手作場を設けていた。

徳川幕府が官費を払って 水稲試験場を作った場所は、今も田んぼのままで、

マチを支える産業になっている。

 

 

 

 

2009年7月:訪問

2009年8月4日:作成

 

 

史跡・記念碑のページ

 

秘境のページ

 

拓道館 TOP