当別町立中小屋小学校

 

明治33(1900)年2月、「当別尋常高等小学校第四分教場」として、開校

大正3(1914)年、「中小屋尋常小学校」として、独立

平成18(2006)年3月31日、閉校

 

100年以上の歴史をもち、卒業生は1689名。

真新しく見える校舎は、平成8年の火災全焼後に、建てられた(平成10年)ものか?

可愛らしいデザインだけでなく、バリアフリー対応の立派な校舎。

 

時計台みたいな造り。

 

見た目シンプルでも、バリアフリー対応の玄関。

 

とても廃校には見えない。

 

残る、校章。

 

体育館。

 

グランドは、自然に還っている。

 

 

本をイメージした、記念碑。

 

 

 

真新しい校舎の前に、古い校門が。

 

旧字体のまま。

 

 

 

 

 

2008年6月:訪問

2009年10月9日:作成

 

廃校のページ

 

秘境のページ

 

拓道館 TOP