浦臼町立鶴沼小学校

 

開校:明治28(1895)年5月、閉校:平成7(1995)年3月31日。

※最初は「徳島尋常小学校」として、開校。

 

鶴沼駅近くの学校。

現在は、田園空間博物館の「農機具展示施設」に転用され、農具を中心に、

約1万点 展示している。

 

校門前。

白いモニュメントは、『鶴』をイメージ?

 

校名の残る、校門。

 

校舎全体。

シンプルな造り。

 

横から。

 

レンガ壁。

 

現在は、博物館(農機具展示施設)になっている。

2011年3月まで 入館無料である(その後は、大人100円の予定)。

 

割れた窓。

 

窓から覗いてみる。

農機具が展示されている。

 

校舎裏の体育館。

 

体育館の向こうに、踏み切り。

 

グランド。

整備されている。

 

スクールバスの看板。

 

記念碑は、国道に面して建っていた。

 

“つるぬまの子は太陽さ”。

 

記念碑の裏は、再び グランドへまわらないと、全体を撮れないww

 

 

2008年6月:訪問

2009年11月18日:作成

 

廃校のページ

 

秘境のページ

 

拓道館 TOP