羽幌町立北辰中学校

 

開校:昭和39(1964)年10月1日、閉校:昭和50(1975)年3月31日。

羽幌中学校に統合。

 

まるでゴーストタウンのような雰囲気をもつ校舎。

閉校後は、合鴨の飼育に使用されたが、現在は農機具の倉庫に使われている模様。

 

道道からみた校舎。

まるで、ゴーストタウンのよう。

 

無人地区にしては、かなり大きい校舎。

かつての栄華を想像できる。

 

校舎への入り口。

異様な空間。

 

 

無数のタイヤ。

 

 

玄関からみた、校舎の内部。

農機具が置かれている。

 

玄関からみた、グランド。

かつて、ここに体育館はあったが、今は解体されてもう無い。

 

 

笹薮に隠れた、校門の一部。

 

羽幌町立旭ヶ丘小学校に併置されていた旭ヶ丘中学校が、

昭和36年5月1日独立校舎完成で移転。

しかし昭和39年5月24日の火災により木造校舎を全焼する。

この火災を契機として曙中学校と合併による統合校を計画。

 

地域の住民の合意を得て、中間地域にあたるこの地に新校舎を建築した。

両中学校は昭和39年9月30日閉校し、

翌日から羽幌町立北辰中学校としてスタートする。

この校舎の完成は昭和40年1月11日。

 

しかし、昭和45年11月の羽幌炭砿全山閉山により、生徒数は激減。

閉山直前272名いた生徒も、翌年には34名を数えるまでに減少する。

 

そして羽幌本鉱の三毛別(かつての旭ヶ丘中学校の地域)から住民皆無となり

通学する生徒がいなくなったため、この年の3月に廃校になっていた曙地区にある

羽幌太陽高等学校校舎跡に校舎を移転する。

 

その校舎に移転後も、離農などによる生徒数減で昭和50年羽幌中学校に統合し

閉校となってしまう。

 

この写真に映る校舎は、学校としてわずか10年という大変短い使用年数だった。

閉校後は、一時、合鴨の飼育のために使われた。

 

  (以上、一部 羽幌町史より抜粋)

                                                                                                                      

 

2008年6月:訪問

2008年7月3日:作成

 

廃校のページ

 

秘境のページ

 

拓道館 TOP