室蘭本線の 栗山トンネル

 

室蘭本線:栗山駅〜栗丘駅間にある、タウシュベツ橋梁(士幌町)のようなトンネル。

かつて この線路は複線であったが、1990(平成2)年、下り線区間にある「栗山トンネル」が

土砂崩れによる崩壊してしまったため、現在は単線(上り線)のみになっている。

なおこのトンネルの修復は、現在 行なわれておらず、放置されたままである。

 

国道234号線に並行している、遺構のようにも見えるトンネル。

 

山の中にズボッとはめたような感じだ。

 

アーチ型の開口が美しい。

 

トンネル内部。

明り取り部分が多いため、トンネル内でも明るい。

 

錆びかけた線路。

 

昔はSL(蒸気機関車)が走っていたため、煤(すす)で真っ黒になった天井。

 

崩落部分。

復旧工事の予定はない。

 

崩落場所から撮影。

自然へ同化しつつある。

 

あっ、キレイな花が咲いている。

 

2008年4月:訪問

2008年12月30日:作成

 

 

秘境のページ

 

拓道館 TOP