いらっしゃいませ。あなたは人目の優秀な生徒です

[SWEET TRANSVESTITE ツッコミ][観客参加セット][ティムカリー][リチャードオブライエン]
[シアターアップステアス][ロッキーDVD][ロッキーホラーショーの歴史][上映風景]
[ロッキーホラーショーキャラクター・ランキング]
[新掲示板]


ガキにもわかるロッキーホラーショウ入門講座
( 初心者向け )


ロッキーホラーピクチャーショとは、70年代に公開され、
今でも根強いファンに守られるロックミュージカルで、
ゲイ文化や、トランスヴェスタイト(服装倒錯)やフリーセックスなどの要素が盛り込まれた
結構カゲキな内容になっております。そして、なんといってもロッキーの魅力は
自分が映画の登場人物になりきること!!!映画に参加する事!!
ロッキーの上映では、登場人物の仮装をし同じ動きをして、踊って、
画面の登場人物にはツッコミを入れ狂気乱舞するのです!!!
上映中には紙ふぶきが舞い
お米が飛びトイレットペーパーが宙を舞います!!

お客様も映画館に行かれると思いますが、上映中はどのようにお過ごしですか?
しずか〜〜〜〜にご覧になっていませんか?もしくは、静かにしないと!と思っていらっしゃいませんか?
ロッキーホラーピクチャーショーはその考えを根底から覆す体感・お祭り映画でもあります

ロッキーにハマればもっと深い映画のなかの人生の意味合いや、
それと同時にしょーもないツッコミとミシンかけの腕があがるロッキーホラーショー。
興味をもたれた方は下へずずい〜〜〜〜〜っと!!!

注:この講座は過去のLinの記憶と、前LIPS会長時代に入手した情報が元になっております。

詳しい方はつっこみを。
初心者の方は実際の上映に行って確かめてください。
ちょうどいいことに、東京、大阪、上映がめじろおしです。
(新潟12月8日上映はこちら

ある日のことです。

りーくんが、おうちの押入れを開けると中からキラキラの生地や、
アミタイツ、がらがら音のするおもしろいおもちゃ、大きなマントや、
かつらができました。

りーくんはびっくりして、りんしゃんに聞きます。

これなーーに??


以下,  リチヤ(R) りん(L)

1・映画について

L>ああ、それは、りんしゃんとかあちゃんがロッキーの時に着る衣装だよ。

R>ロッキーってなあに?

L>『ロッキーホラーピクチャーショー』のことだよ。
 

『ロッキーホラーピクチャーショー』(以下ロッキー)は1973年ロンドンのシアターアップステアスで幕を開けた舞台ミュージカルが原作なんだ。『リチャードオブライエン』という人が50年代のロックンロールと、チープなB級SF映画へのオマージュとして作ったんだよ。この映画が話題になり始めたのは、78年から始まったニューヨーク8丁目プレイハウスのパフォーマンス上映からなんだ。

R>リチャードオブライエンってだれ?

L>ロッキーでは不気味な執事『リフラフ』の役を演じて強烈な印象を残している、ロッキーホラーショーの原作者だよ。ロッキーのすべての曲も彼が書いたんだよ。りんしゃんの尊敬する方なんだ。『りちや』の名前もこの人からとったんだよ。

R>そうなんだ。ぼく、リチャードなんだ。
リチャードオブライエン

L>その他の登場人物の詳しい情報はここからどうぞ。

 

R>ロッキーホラーショーはどんなお話なの?おもしろい?どらちゃん出てくる?

L>どらちゃんは出てこないねえ。でも、色んな面白い変な人が出てくるよ。

簡単なストーリーはね、

田舎の健全なバカップル、『ブラッド』『ジャネット』が婚約の報告を恩師の『スコット』博士に報告に行くんだ。でも、ふとした運命のいたずらからマッドサイエンティスト『フランク』の住む古城に迷い込み、下男の『リフラフ』その妹の『マジェンタ』を始め『コロンビア』『エディー』怪しげな『トランシルベニアン』に振り回され、『フランク』にはオカマ掘られるし、SEXと、ロックンロールの洗礼をあびて、自分を見失って、かつ新しい自分を発見してしまうというお話。ジャネットなんか最後には『ロッキー』という人造人間に迫っちゃって、カマトトぶってたのが一変。・・・こんなかんじかな?(詳しい内容はこちら)

 

R>『フランク』ってだあれ?

L>『フランク』はね、狂った服装倒錯の科学者なんだ。自分専用の愛玩ロボットを作ろうと日夜研究と享楽にいそしんでるんだよ。そして、『ブラッド&ジャネット』が迷い込んだ日に人造人間『ロッキー』完成!!!ぶらぼーーーーーーーーー!!!ガラガラガラ!!!パチパチパチ!!うっひょ〜!!(りん暴走)

陽子乱入>りち、ばかなりんさんはほっとこう。かあちゃんが教えてあげる。『フランク』はね、『ティムカリー』っていう目のおおきなおじさんがやってるんだよ。ほら、この前観た『ホームアローン2』に出てたフロントマネジャーのおじさんやってる人だよ。

R>あ!!そうなんだ。でもわかんなかった。

Y>そうだね、とっても怪しげで妖艶なお化粧と格好だからね。フランクの登場シーンは、観客のみんな大狂乱して迎えるんだよ。それだけ愛されて、崇拝されてるんだね。

R>変な人なのに?

L>そう!!変な人だからこそみんな憧れるんだ。

R>ふーん。この写真もフランク!!

L>ああ、これはね、りんさんが仮装したフランクだよ。

R>りんしゃんがフランクなの?

L>そうだねえ、そうともいうね。みんなが、映画の登場人物になりきって楽しんでしまうのがロッキーの特徴なんだ。りんしゃんは他のキャストもやるんだよ。例えばコロンビアとか・・。

Y>さーってと、長くなりそうだからかあちゃんが教えてあげる。ロッキーは『観客参加』映画なの。上映では、登場人物の仮装をしたグルーピーがスクリーンの前で登場人物とおなじ動き(シンクロ)をするんだよ。観客みんなが踊ったりする場面もあるの。(タイムワープ)
     
    タイムワープ              エディー登場

以前上映に連れて行ったときは、アミタイツをはいた人、金髪のカツラのおねえさんや、マジェンタの仮装をしたおにいさんがいて、みんな派手なお化粧をしてるから、りちやはびっくりしていたね。

R>うん。びっくりした。そんで、みんな映画の時にいっぱいおしゃべりしてたよ。

L>それはツッコミ(レスポンス)というんだよ。映画の登場人物の行動や、発言につっこみを入れるんだ。あとは、画面をいじったり。これは、実際に上映に来てもらわないと雰囲気が伝わらないなあ。<と逃げるりん

観客の参加の仕方については昔は映画『フェーム』を入門として紹介してたけど、今は時代が進化したから、DVD(少し前に発売)があるので、それを観るといいとおもうよ。ってっゆうか、ようちゃーーん。DVD買おうよおー!!!ほしいよーー!!ロッキーのDVD!!

Y>だったら金かせいでこーーーーーい!!!

L>墓穴掘ってしまった。

Y>んもううっつ。りんさんってば、フランクやってる時はチョーかっこいいのに、実生活ではさっぱりうだつがあがんないんだから。ぷんぷん。

L>・・・・まあいいじゃん、ようちゃーん。愛してるよ。今度上映が始まったら家族三人でロッキーに行こうね。

R>え?!今度行ったら、ぼくもフランクのかっこうしないといけないの?

L>別にそんな決まりはないけどね。初めから仮装をしてくる人もいるし、普通の格好の人たちもいっぱいいるし。でも、何回も上映にくるうちに、後ろの方からだんだん前の席にきて、新聞紙持ってきて、騒がし道具を持参するようになって、あるひ、「今日は仮装しちゃいました!」なんて人もいるから、先の事はわからないねえ。とりあえず、日本の地方のイベント上映なんかに行くと、タイムワープのレクチャーをするから、タイムワープがかかるとみんな立って踊ってしまうようだね。ロッキーは大抵の人にとって楽しい非日常だから、上映に行ったら、静かに見てるのは損!!!思い切りはじけて楽しんだ方がすっきりするよ。りちやがどらえもんをみて、ジャイアンや、ほかの登場人物に感情移入して「こわーーーい!!」ってゆうだろ?あれと同じようなもんさ。映画の好きな登場人物に感情移入して、なりきっちゃうんだ!!アミタイツはいて、歌って、踊って、楽しいよ!!

R>そっかー。わっかった!楽しむんだね。どらちゃんといっしょ!!


R>ねえりんしゃん、ところで、このガラガラはどこで買ったの?

L>100円ショップだよ。僕がロッキーを初めて見た時からしたら、本当にいい世の中になったもんだ。がらがらが100円ショップで手に入り、ビスチェがネット通販でかえる!!すばらしい!!(興奮)

R>りんしゃーん、(呆れ顔)この衣装はどうしたの?

L>あっつ、そうだね、衣装はね、おもに自分で作ったんだよ。東京に住んでいた時は新宿にある『オカダヤ』で生地を買って、ガタガタとミシンでね。手縫いもしたよ。

R>しゅっごーーーい!!!

L>でっしょーー。かあちゃんよりも、りんしゃんの方が裁縫上手だから、こんどりちの保育園バック作ってあげようね。

R>わーーい!!やったーー!!

L>でも、その前にビスチェだな・・・・。2歳児フランク・・・いける!!

2・ファンについて

R>ねえりんしゃん、映画館であった変なおにいさんや、おねえさん、おねえさんみたいなおにいさんの事をもっと知りたいよ。

L>ロッキーのファンの事だね。いいよ。

サルピロ(国際ファンクラブ会長)ドリーハートリー(最初に仮装してパフォーマンスグループを作った人)など外国にはたくさんの有名なファンがいるよ。アメリカでは、数百の劇場で毎週末にロッキーホラーが上映されているんだ。そのほかにも、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、イスラエル、オーストラリアなど、世界中で上映されているんだ。


R
>しゅっごーーーーーい!!!!

L>そうだね。
(下の写真は20周年大会に行ったときにサルピロと撮ったもの)

ロッキーの歴史はこちらから

3・日本のロッキーの歴史

R>りんしゃんはいつからロッキーにいったの?

L>渋谷のシネマライズだよ。1988年7月20日。僕は初め、『ロッキー』の仮装をしたんだ。途中から『リフラフ』『フランク』をやって・・・。あ!そういえば、初めて日本でフランクをやったのは僕かもしれない・・。上映はとても好評で人も並んだりしてね。結局90日のロングランだったんだよ。この前にも、ロードショーはあったんだけど、パフォーマンスや、ツッコミはなかったんだ。ライズでの上映が、日本での、初パフォーマンス付き上映だよ。アメリカから、サルピロ達が駆けつけて、僕たちに、パフォーマンスを直接伝授してくれたんだ。この頃からきてる人で、今もロッキーに来る人はもう少ないねえ。会いたいなあ。

 

日本のロッキー歴史、詳しくはこちら

 

R>日本の人はアメリカのファンと同じ事をしてるの?

L>同じ事もしているけど、日本独自の楽しみ方もあるよ。字幕ツッコミがいい例かな。他に、英語のセリフが日本語みたいに聞こえる所でつっこんだりもするね。タモリの『空耳アワー』みたいな感じさ。
そうそう。タモリと言えば、昔、『今夜は最高』というタモリの番組で、ロッキーをやったことがあるんだ。

その他

Y>りんさーーん。ようこの大好きな、ショックトリートメントのこともちょっと教えてよー。

L>いやだ。面倒くさいから海外のサイトにでも行っといで
SHOCK TREATMENT

Y>ぶーーーーーーーー!!!!!!!なにその態度。チョーむかつく!!!



最後に

L>ロッキーが好きな人には上映に行けば会えるよ。ロッキーは世界中にファンがいて、今も、どこかの国のどこかの劇場で上映されてるんだ。そして、お友達のロッキーフリークが踊り狂ってる。

R>お友達?

L>そう。ロッキーは世界中にファンがいるからね。もし、外国の上映に行ったとして、言葉があんまり通じなくても、人種の違いを超えてロッキーが好きな同士、お友達になれるんだよ。

R>ふーん。そっかーー。ちょっとわっかった!りんしゃんは、ロッキーホラーショーが大好きで、ロッキーのお友達も大好きなんだね。りんしゃんは、ロッキーで人生を送ってきたんだ。

L>みなさんに多大な迷惑をかけながらねえ。そして、98年夏有楽町シネラセットの上映でようちゃんと出会ったんだ。
ラセット

R>ようちゃんって、かあちゃん?

L>そう。そして、99年5月BOX東中野の上映でロッキー結婚式をして、りちが生まれた。だからりちはロッキーホラーサラブレッドなんだよ。大きくなったら一緒に編みタイツはいてフランクしよっか?

R>・・・・やっだ。親に反抗してぐれて公務員かお医者さんになってやる!!!

 

 

おまけ・コレクションについて

Y>ちょっとりんさーーん、これどうすんの?いるの?いらないの?邪魔!!!

L>あああ!!!それは僕の大事なロッキーコレクションじゃないか!!ひどいよ。ようちゃん!!捨てないで!!

Y>だってえ。こんなにいっぱいTシャツいらないでしょう?おんなじくちびるでさあ。ばっかみたーい。

L>違うよ、これは20周年T。こっちはNYで買ったやつだし。これなんかお気に入りで大事にしてるんだ!!・・・・くそう。さっき相手にしなかった仕返しだな。

R>りんしゃん、CD!!!バーン!!

L>ああああああ!!!りちーーー!!やめてくれええ!!これも、ひとつひとつ違うんだよお。

これはオーストラリアキャストのニューロッキーだし。
金髪のコロンビアのラップ風タイムワープがかわいい。
ロッキーは黒人だし、マジェンタはもはや怪物の域。
曲もアレンジを越えたまさに超訳!!!
国内での入手は困難かも・・・・。)
これは最近買ったブロードウェイニューキャスト。
これはBOXセット!!!さわっちゃだめ!!パシッ!!
(映画版ロッキーの25周年を記念して発売された
2枚ぐみCD。各国ロッキーのレアな音源に加えて、
ティムカリーの曲。リトルネルの曲まで、
いろいろ揃って盛りだくさん!)

R>(びっくり)えーーーーん。かあちゃーーーん。

Y>ちょっとりんさん!!なに怒ってんの!!

L>だって、りちが僕のコレクションを壊そうとするから・・・・。僕の宝物なんだよ。すっごいコレクションだろ?もし、僕が死んだらロッキーホラー葬のあと、遺産にあげるから。

Y/R>・・・・・いらないっつーの!!!


[ロッキーホラーショーキャラクター・ランキング]

[STUDY TOP]

上映風景仙台 新潟 東京 山形 沖縄
 


ロッキー上映情報

東京定期上映  毎月第二火曜日  21:00〜
一般¥1,500/学生¥1,300/シニア・シネラセット会員¥1,000
有楽町 シネ・ラ・セット phone: 03-3212-3761


大阪定期上映 毎月最終日  レイトショー上映 20:50〜
シネ・ヌーヴォ phone: 06-6582-1416

*詳細は映画館にお問い合わせください

(ここでファンの情報を手に入れよう)ロッキーLINK


[BBS]

[ロッキーホラーウェディング] [ロッキーホラースタディー]

[TOP]

Ads by TOK2